ラボ型オフショア開発

ラボ型オフショア開発は、海外人材ネットワークを活用したラボ型開発です。

このような課題・お悩みないでしょうか?

新規プロジェクトを立ち上げたいが、エンジニアが足りない

エンジニアがなかなか調達できない

一時的に開発要員を増強したい

保守運用のコストが高く、予算が足りない

外注に依頼しているが、自分たちのマネジメントで開発をすすめられない

ラボ開発とは

ラボ型開発は、必要なスキルを持ったエンジニアを、必要な人数、必要な期間、貴社専属の開発チームを弊社内に持って開発をすすめていく、エンジニア調達の新しいスタイルです。開発チームの契約時間が許す限り、お客様の開発要件や優先順位に合わせて、開発チームのマネジメントが可能です。従来の請負開発(受託開発)とは異なり、お客様と開発メンバーが1つのチームになって、プロジェクトのゴールに向かって進んでいきます。

ラボ型開発のメリット

人材

優秀なエンジニアチームを必要な期間だけ確保できます。

柔軟性

要件、仕様変更などに柔軟に対応可能

短期間強化

一時的な開発増員が必要な場合でも、最短2週間で対応できます。

短期間強化

一時的な開発増員が必要な場合でも、最短2週間で対応できます。

ノウハウ

中長期的にエンジニアチームを確保することで、業務ノウハウの知見を貯めることができます。

開発リソース

安定的な開発チームを確保可能です。

導入までの流れ

ご提案
ご要望に合わせチームの体制図の完成イメージを提出します。開発メンバーを要求するスキルセットはこのステップで出していただき、メンバーの選定ができます。
 見積もり
開発チームを作るための費用を人数で見積もりをします。
発注
発注していただきます。
開発開始
プロジェクトベース、タスクベースでも対応可能。決まった仕様で開発しても良いですし、要件を一緒に考えることも可能です。
評定期的評価
定期的にPDCA活動をし、チームの評価と生産性改善を行います。

私達のラボ開発の特徴

プロダクトを最優先で考えます。


弊社はお客様と一緒に考え、商品の品質が最優先で対応します。オフショア開発という言葉のイメージが、「コスト削減」になりがちですが、それは副次的であり、本来であるべきな開発チームの成功=商品の価値を追求します。

豊富な実績を持った技術力・開発力を持った人材を提供します。

業務系、WEB系問わず、日本向けの開発経験豊富なシニアクラスのエンジニアが在籍しています。新卒で入社するエンジニアも、国内のトップクラスの大学出身者を厳選採用しており、弊社独自の教育制度のもと、日本のクオリティや慣習を理解したエンジニアを育成しています。

課題やご要望にあわせたチームのご提案します。

ベトナム国内の様々なネットワークから、貴社が補いたいスキルや経験を持つチームや人材を選ぶことが可能です。